講談社のキャリアに対して

日本で最大の具合を誇る一流執筆オフィス、講談社の保有は1909年頃、明治42年頃にさかのぼります。
初代社主は野間清治様、「大我が国雄弁会」という組織を立ち上げ、「雄弁」という小説を発行していたのだそうです。
野間様は昨今でいう東大の出で、弁論の書記を通じていました。
保有当時から「面白くて、為になる」編集五感をとっているとのことです。
「講談社」を名乗り始めたのは1911年頃(明治44年頃)で、「講談倶楽部」という小説を創刊しました。
そもそも「講談」は、寄席演芸の種類の一つで、主に軍記物を述べるクラスのことを言うそうです。
直後「ギャル倶楽部」(’14年頃)「君主」(’24年頃)が呼び物小説となりました。
1938年頃(昭和13年頃)には正式に企業講談社として、「なかよし」(’54年頃)「週刊この世」「マガジン」(共々’59年頃)「フレンド」(’62年頃)「with」(’81年頃)「モーニング」(’82年頃)「Vivi」(’83年頃)「アフタヌーン」(’86年頃)など現在でも大人気の小説を成し遂げるようになります。
執筆デフレが叫ばれて久しいですが、講談社は電子パンフレットやWeb本での一部分売却など、これまでの経歴を刺激として真新しいことに挑戦しているようです。http://www.rettmeeting.org/