畠中恵氏の「しゃばけ」種類

畠中恵様の時期劇図書「しゃばけ」は新潮社で2001クラスに始まったホット関連だ。
アーティストの畠中様はアニメといった図書の二つを為し遂げる多彩なお方。
アニメお家として発刊を果たしてからも、創作セミナーに通って図書の作文に挑戦したそうです。
関連「しゃばけ」は晴れて和風ファンタジーノベル大賞絶妙賞、吉川栄治文庫賞を受賞されました。
経歴ものは憎悪だったのですが、近頃「和風は?」と考えることが多くなり、ポイントに取りました。
滑稽図版で面倒親しみやすく、どっか新しさを感じます。
生き物や鬼など、一旦素晴らしく、配色もソフトで可憐だ。
しゃばけで取り扱われる「妖怪」という有には邦人の感性がとことん反映されているかなあと思います。
「幽霊」は亡くなった人の魂ですが、「妖怪」は身の回りに潜むもので、人を最初とするわけではありません。
「妖怪」のテーマは、神道や土壌信仰とも結び付きがありそうです。
しゃばけ(娑婆気)は現世に執着する頭、世俗的名誉や収入を貪る頭を言う仏教言葉だ。
作品関連は、中世の日本の世界中を、類推を楽しみながら食らうことができておすすめです。
新潮社のホームページからも企て読みができるので、必ずご覧になってください。ハプニングバーでピンクな出会い